パチンコをやめるのに必要なのは

パチンコ依存症を克服するのに本当に必要なのは「何が何でも絶対にやめる!」という固い意志ではありません。何故かというと、意志や決意で無理矢理押し込めた「パチンコやりたい」という願望は、決して自分の頭から消えはしないからです。抑え込めたとして半年が良い所でしょう。


パチンコ依存症治療の最初の一歩は?

ではどうすればいいのかといえば「適度にほどほどに遊ぶ」ということが出来るように変わればいいのです。
「それが難しいから完全に断つしかないのだ」と思い込まないでください。決めつけるわけではありませんが、ちょっとパチンコでお金使い過ぎちゃった程度の方はこのサイトまで来ないでしょう。ここを見ている人のほとんどは「本気でパチンコをやめたい」と思っている人だと思っています。そんな決意をしなきゃいけない状況下に置かれている人の思い込みほど怖いものはありません。追い詰められて出した結論は極端になりがちです。まずは冷静になり、パチンコに侵された脳をスッキリさせることから始めましょう。やってはいけないのは、いきなり100点を目指すことです。今日できたことがあなたの成長であり第一歩になるのです。まずは第一歩を踏み出せたら100点!自分自身を褒めてあげましょう。それが当たり前にできるようになったときに人は成長しているものです。できることを少しずつやり、それが当たり前にできるようになったら習慣化してきている証拠です。できないことをやるようになるのではなく、やれることを一つずつやっていけば良いのです。極端な考え方は危険です。変に「完璧主義」になっているのかもしれません。「パチンコを絶対やらない」や「止められないのならとことんやる」といった極端なものではなく、「やれることをやる」といったローギアでできることを少しずつ実行していきましょう。やりたいときはやってもいいと思います。無理にやめるよりは。しかし少しずつパチンコから離れていくように仕向けましょう。

追い詰められた人間の出す結論は大体極端ですので、危険極まりないことが多いのです。なので、まずは落ち着いて。一旦深呼吸して、「パチンコ依存症」と「思考回路」の距離を取りましょう。いきなり100点満点を目指さなくていいのです。パチンコを完全にやめるか、今後も趣味程度に続けるかなんて後で考えれば良いことです。まずはここから始めましょう。 mother-14これから一緒に頑張りましょう!よろしくお願いします。