カードローンの審査は何をみる?審査に影響する延滞・しない延滞

1:カードローンの審査で見られるポイント

 

 カードローンの審査では、住居の種類(賃貸・持ち家等)と会社、あなたの年収や家族構成、そして信用情報を見られます。

この信用情報は、申し込んだ人の過去の金融データです。つまり、この情報を見れば過去の滞納や現在の借金の総額まですべて分かってしまいます。そして、借り入れや滞納をしていなくても”カードローンなどを申し込んだ事実“も記載されています。

 

2:延滞してはいけない意外なもの

 

 当然のことですが、クレジットカードや住宅ローンやカーローンなどは滞納してはいけません。実は、これら以外にも、滞納すると影響がある支払いがあります。

それは、携帯電話料金です。携帯電話料金は多くの場合、端末の分割金が含まれています。「実質ゼロ円」で契約したものでも、契約内容には「月々の端末の支払い」が含まれていて、そこから携帯キャリアから割引されているのです。つまり、端末実質ゼロ円でも契約上は端末代金を分割で支払っているローンなのです。これを滞納すると信用情報期間に情報が記載されてカードローン審査にも影響する可能性があります。

 

 次に、公共料金や家賃の場合ですが、支払い法に注意が必要です。電気・ガスの様な公共料金や家賃を、直接支払っている場合や口座引き落としで支払っている場合は、滞納しても信用情報に影響はありません。ですが、これらの支払いをクレジットカードで行なっている場合は、滞納するとクレジットカード会社の支払いの遅滞となります。クレジットカード会社は信用情報機関加盟しているところが殆どですので、信用情報機関に遅滞の情報が記載されてカードローン審査に影響する事があります。滞納しないのが1番ですが、公共料金や家賃の場合は支払いの方法に注意しましょう。

 

そして、日本学生支援機構(旧日本育英会)も、なんの手続きもなく遅滞のした場合には信用情報機関に情報が記載されます。奨学金は、以前は信用情報機関加盟していませんでした。借り入れの時期によって対応がも異なりますので注意が必要です。


3
:これらは大丈夫

 

滞納しても、カードローン審査に影響しないのは、家賃・公共料金・住民税です。家賃や公共料金は上記のとおり、純粋な遅滞であれば信用情報期間に情報が記載されることはありません。そして、国民年金滞納もカードローンの審査には影響しません。そもそも、市町村や県などの地方公共団体や水道会社やガス会社、国民年金機構は信用時方法機関に加盟していませんので、いくら滞納していたとしてもカードローン会社がその事実を知る方法はないといって良いでしょう。

 

最後に、住民税ですが、通常はカードローン審査では審査対象とされていません。住民税の滞納は納税証明書を見なければ解りませんし、税務署が税金の滞納の有無を第三者に開示することはありません。

 

他には、固定資産税や医療費、NHKの受信料等も滞納が審査に影響しない支払いとなります。


4
:審査を通りやすくする方法

カードローンの審査では、まず申し込み者の属性が決められます。

この属性は

・職種

・住居の種類

・勤続年数

・雇用形態

・年齢

・年収

などで決定されます。

 

つまり、賃貸アパートよりも持ち家を住んでいて不動産を持っている人、収入が不安定なアルバイトや自営業よりも会社員や公務員の方が属性は高くなります。つまり、この属性を高くすることで審査をパスしやすくできるという事になります。

属性を高くするためのポイントは「固定電話」だといわれています。申し込み時に、携帯電話の番号だけでなく自宅の固定電話の番号があるだけで属性が高くなる傾向があると言われています。
というのも、固定電話がある事でローン会社からの信用度があがるのです。比較的簡単に解約できる携帯電話よりも固定電話があることでカードローン会社としても安心してお金を貸せる相手と判断するのです

 

そして、どのカードローン会社でも重要視されるのが年収です。といっても、虚偽の記載はできませんので申し込み金額と自分の年収のバランスを調整する事も大切です。カードローンは総量規制の対象外ですが、やはり、年収の三分の一程度を目安にすると良いでしょう。


5
:まとめ

カードローン審査で重要なのは、信用情報と属性です。意外ですが、税金関係や公共料金の滞納は問題になりません。ですが、クレジットカード支払いになっている場合は別です。気になる方はもう一度ご自分の支払い方法を確認して見ましょう。

そして、携帯電話の料金は多くの場合、端末代金の分割金が含まれているので滞納すると信用情報に記載されてしまいます。

 

信用情報は、属性以上にカードローン審査の際に重要なポイントとなりますので悪い情報が記載されない様に十分注意が必要です。一般的に、2ヶ月以上の滞納でいわゆるブラックリストとなり、最低5年はその情報が消えないと言われています。

ブラックリストに乗ってしまったらカードローン審査はまずパスできません。信用情報に登録されないからといって滞納していいわけではありませんが、どの支払いが信用情報に影響を与えるのかは、しっかりと把握しておきましょう。