カードローンの審査に通りにくい職業を一挙公開!最終チェックのお願い

お金がないからカードローンに申し込もう!という短絡的な考えではなく、「審査に通るか?」を重視して申込を行いましょう。
カードローンはクレジットカードとは違い、現金が手に入るので審査が厳しくなっています。闇雲に申し込むのではなく、審査に通りそうだという判断のもと、申込を行いましょう。

ここでは、申し込む前に一度考えていただくための、最終チェック表をご用意しております。最終チェックを行った上で、審査に通りそうだと感じたら申込をしてみましょう。

◆審査に通りにくい職業

審査に通りにくい属性

 

● アルバイト
● 契約社員・派遣社員
● 法人経営者・個人事業主
● フリーランス
● 学生(大学生・大学院生)
● 年金受給者(年金生活者)
● 専業主婦

⇒安定した収入が見込めない方や不安定な職業についている方、など。カードローンの審査において、職業は非常に重視されるのでこの時点で厳しいと思われる場合はもう一度よく考えてみましょう。

審査に通りにくい業種

 

● 水商売・風俗業
● 娯楽関係
● 農業・漁業
● 営業マン
● 建設関係
● アーティスト・芸術系

⇒業種によっては、非常に不利になってしまう可能性があります。例えば年収一千万円の芸能人でも、不安定なので審査には不利だといわれています。世間の流行り廃りに影響される業種や、不況のあおりを受けやすい業種は不利になっています。

 

申し込んじゃいけない職業

 

● 無職・ニート・仕事をしていない方
● 反社会的勢力組織に所属している方

 

⇒お仕事をされていない方、反社会的勢力組織に所属している方は、基本的に審査に通らないといわれています。申し込んで落ちるとさらに悪い上京に陥ってしまうので、自分をより苦しめることになってしまいます。今一度、よく考えてから決断をしてください。

 

オススメのアルバイト

 

● 歯科衛生士
● 猫カフェスタッフ
● 空港のラウンジスタッフ
● フリーライター
● 消費者金融事務スタッフ
● 結婚式場のホールスタッフ
● パチンコ店のホールスタッフ

 

⇒審査に有利になり、高収入と言われているオススメのアルバイトです。決められた仕事がある場合は厳しいかもしれませんが、仕事をしていなければぜひ検討してみてください。他にも様々なアルバイトを調べてみてくださいね。また、ギャンブルをしている人は遊技も出来るパチンコ店でアルバイトをしてみても良いかもしれません。そうすることでギャンブルが身近になり、見えないことが見えてくるかもしれません。アルバイトは様々な体験を与えてくれますし、収入にもなるので仕事をしていない方はまずはアルバイトから始めてみましょう。

 

◆最終チェック表

すべて「YES」を目指しましょう。「NO」の数だけ審査に通りにくいと思っておきましょう。

 

1.安定した収入を得ていますか?

2.仕事をしていますか?

3.年収の3分の1以上の借入をしていませんか?

4.ブラックリスト(信用情報機関に金融事故情報が載っている)ということはありませんか?

5.ここ数ヶ月で転職していませんか?

6.カードローンの利用使途は「ギャンブル資金」によるものではありませんか?

7.複数のカードローンから借入をしていませんか?

8.上記の【申し込んじゃいけない職業】に当てはまっていませんか?

9.上記の【審査に通りにくい属性】に当てはまっていませんか?

10.上記の【審査に通りにくい職業】に当てはまっていませんか?

11.クレジットカードなどを全く持っていない「スーパーホワイト」ではありませんか?

12.以前にカードローンからの借入を踏み倒した経験はありませんか?

審査は思った以上に厳しいと考えておきましょう。

むやみやたらに申し込むと、その情報も信用情報機関に登録され、より通りにくくなってしまうので、通りそうかもう一度考えてみてください。
特に、無職・ニートや反社会的勢力に所属している人は通らない可能性が高いので、アルバイトでも良いので仕事を始めてから申し込んでみましょう。

 

◆まとめ|カードローンのご利用は計画的に

いかがでしたか?最終チェック表はやっていただけたでしょうか?
申し込む前に一度冷静になるのもコツの一つです。改めて考えてみてください。

 

「審査に通るか?」

「カードローンは本当に必要か?」

 

もう一度問いかけてみましょう。銀行カードローンは特に厳しいです。