カードローンの審査、会社に電話が来る!?在籍確認の内容とは

キャッシングの申し込み用紙には勤務先の連絡先を記入する項目がありますよね。
キャッシングなどの審査では、申込人が本当にその勤務先に勤めているかどうかの電話確認を取る必要があり、これを「勤務先在籍確認」と言います。
やましいことはしていないけれど、自分の勤務先に電話がかけれらるというのは、決して気持ちのいいものではありません。

「キャッシング審査の在籍確認ってどんな内容の電話がくるの?」
「会社にキャッシングを利用しているのがばれてしまうの?」

このように不安になってしまう気持ち、とてもよくわかります。
そこでこの記事では、キャッシング審査時の在籍確認の内容や、「バレてしまう可能性はないの?」といった気になるところを、少し掘り下げて書いていきたいと思います。
キャッシング審査の電話確認で不安な方は、是非読んでみてください。

■在籍確認をする理由は?電話のタイミングは指定できるの?

キャッシングやクレジットカードを申し込む時、ほとんどの会社が行っている電話による在籍確認。
消費者金融だけでなく、銀行などでも同じように行われています。
では、そもそもなぜそんな事をする必要があるのでしょうか?
その理由は、「利用者が虚偽の記入をしていないかどうか」確認するためです。

「返済する能力があるのかどうか?あるならば嘘ではないか?」
支払い能力がない利用者にお金を貸すということは、業者としても大きなリスクになります。
「返済する能力があるか否か」を正確に判断するために審査は行われ、在籍確認はそのための申告を偽っていないかを確認する工程なのです。

業者によって電話がかかってくるタイミングは異なりますが、もし「この時間にかけてほしい」という希望があればほとんどの場合、時間指定が可能です。
たとえば夜に仕事をしている人なら、日中には誰も出社しておらず、電話をかけても誰も出られないことがあります。
そのため何時頃に電話をかければいいか指定する事ができる業者がほとんどで、対面の申し込みであれば申し込み時に「何時頃がご都合がよろしいですか?」と聞いてきてくれる業者や担当者もいます。

■在籍確認ってどんなことを聞かれるの?

勤務先への連絡と聞くとつい身構えてしまいますが、在籍確認で聞かれることは大したことではありません。

《在籍確認の流れ》

在籍確認業者「もしもし、私佐藤と申します。○○課のBさんはいらっしゃいますか」
A「はい。本人に繋ぎますので、少々お待ちください。」
B「お電話変わりました。○○課のBです。」
在籍確認業者「(申込時のフルネーム)でお間違いありませんか?」
B「はいそうです。」

以上で終了になります。
業者によっては生年月日・住所・携帯電話番号の確認をする場合もあります。
在籍確認の担当者は基本的に会社名ではなく名字を名乗る配慮をしてくれるので、電話をとった人物に金融業者だと伝わることは決してありません。

上記は本人が電話に出れた場合の対応でしたが、本人が電話に出られない場合もあるかと思います。
その場合は

在籍確認業者「もしもし、私佐藤と申します。○○課のBさんはいらっしゃいますか」
A「今はおりません」
在籍確認業者「次に出勤されるのはいつになりますか?」
A「明日出勤予定です。」
在籍確認業者「わかりました。ではまた改めます。」

以上のように会社側にわからないよう「本当に勤めているか」「会社を辞めていないか」を確認します。
電話をとった人物が用件を聞いたとしても、「個人的な用件なので日を改めます」など対応マニュアルにそった返答をしてくれます。
間違っても「在籍確認の電話です」などということは絶対に言いません。

また「具体的な年収を聞かれたりするの?」「業務内容も聞かれたりするの?」など不安に思っている方もいらっしゃいますが、そう言ったことは絶対に聞かれませんので安心してください。

■バレてしまう可能性ってあるの?対策はある?

キャッシングは非常にデリケートな問題なので、金融業者は本人以外に知られないようとても気を使って在籍確認を取ります。
金融業者が顧客の情報を漏らすことは絶対にありません。

しかし、在籍確認によってバレてしまうケースが1つだけあります。
それは「不在電話のかけ直し」です。

基本的に在籍確認の電話連絡は非通知でかけられますが、勤務先によっては非通知着信を拒否している会社があります。
その場合、在籍確認を取れないので電話番号を表示して会社にかけ直します。
着信履歴を見て第三者がかけたとき、消費者金融や銀行の担当者やコールセンターが会社名を名乗ってしまい、バレてしまうというケースはあります。
非常に稀なケースですが、以下のことを注意しておくとバレてしまう危険性を減らすことができます。

①不在にならないよう、あらかじめ業者に時間を指定して伝えておく
②事前に「かけ直し対策」をしている業者かどうかを確認しておき、対策をしている業者を選ぶ
③電話を受け取る可能性がある人物に「クレジットカードの在籍確認があるかもしれない」と事前に伝えておく

かけ直し対策」を想定して対策をしてくれる金融業者も多いですが、全ての業者がそうではありません。
不安な方は業者に直接確認してみたほうがいいでしょう。

■まとめ

今回は電話での在籍確認に関する内容を掘り下げてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。
心配されている方も多いと思いますが、在籍確認はほとんどの場合スムーズに済むので安心してください。
具体的な対応は業者によって細かく異なりますので、小さいことでも借入前にしっかり確認し、不都合なことがあれば事前に相談してみることが大切です。