カードローンのわからないこと全部!よくある疑問を一問一答形式で発表

カードローンに関する「よくある質問」を集めてみました。
基本事項からちょっと変わった疑問まで、ここで全部解決していきましょう!
カードローンの知識を総復習できます。

◆目次◆
【基本事項に関する疑問】

Q.「総量規制」って何ですか?
Q.「信用情報機関」ってなに?
Q.信用情報は自分で確認できるの?
Q.銀行カードローンと消費者金融の違いは?
Q.審査に通りやすい業者なんてあるの?
Q.カードローンに申し込める年齢制限はあるの?
Q.金利ってどうやって決めるの?
Q.限度額はどうやって決まるの?
Q.カードローンを持っているとマイナスポイントはあるの?
Q.即日融資をする方法は?
Q.「審査最短30分」と謳っているところは、本当に30分で審査が終わるの?
Q.ギャンブル資金の調達目的でも借りれるの?
Q.申し込めない人はいるの?
Q.個人事業主や自営業の人はどうして審査に不利なの?
Q.カードローンの審査に必要な書類は?
Q.カードローンの在籍確認を避けることは出来ないの?
Q.レディースローンと普通のカードローンは何が違うの?
Q.カードローンの仮審査と本審査は違うの?仮審査に通っても本審査で落ちることはある?
Q.カードローン会社の審査通過率って?公開しているの?
Q.カードローンの申込に保証人はいらないの?
Q.クレジットカードのキャッシング枠とどう違うの?
Q.ちょっと年収を上げたり資金使途は正確じゃなくても良いの?
Q.どんなときに収入証明書を提出しなければならないの?
Q.無利息期間サービスがあるのは消費者金融だけなの?
Q.結局、カードローンは何で選ぶのが良いの?
Q.土日祝日に申し込めるカードローン会社はないの?
Q.カードローン初心者はどこがオススメ?
Q.「安定した収入」っていくらくらい?
Q.インターネットで申し込みが完結できるって本当?

【ちょっと変わった疑問】

Q.申込でマイナンバーを提出したら会社にバレない?
Q.カードローンにも一括で申し込めないの?
Q.「闇金」ってどこにいるの?
Q.カードローンの返済途中で利用者が亡くなったら誰が払うの?
Q.カードローンの審査に通りやすくする今すぐ出来る裏技はあるの?
Q.カードローンをずっと返さなかったら時効になるの?
Q.カードローンを使っていると得することって何?
Q.カードローン会社が倒産したら借金は返さなくて良いの?
Q.携帯料金の支払いが遅れたことはあるけど、カードローン審査は問題ない?
Q.金利って交渉出来るの?

【基本事項に関する疑問】

Q.「総量規制」って何ですか?

総量規制とは、年収の3分の1以上借入が出来ない法律です。無担保ローンであるカードローンは深く関わってきます。しかし、住宅ローンやカーローンなどの高額融資においては除外・例外が設けられています。

ただし、銀行カードローンは総量規制の対象外なので年収に関係なく借入が出来ます。いっぽう、消費者金融は対象となっています。そのため基本的に専業主婦は消費者金融への申込ができなくなっています。

Q.「信用情報機関」ってなに?

通称:ブラックリストと呼ばれるものです。正確にいうと、ブラックリストというものは存在しておらず、その人の個人情報はこの「信用情報機関」で管理されています。貸金業者は申し込みがあったら信用情報を閲覧することができます。その情報に金融事故情報が載っている状態を世間ではブラックリスト入りと呼んでいます。

認識と異なる点は、悪い情報だけが載っているわけではなく、その人の経済状況を含めた個人情報が載っているという点です。そのため、大きな嘘をつくとすぐにバレてしまいます。名前や年齢はもちろん。職業や年収、雇用形態、健康保険などもここに載っています。

Q.信用情報は自分で確認できるの?

出来ます。信用情報が気になる方は取り寄せてみましょう。本人以外は取り寄せることは出来ないので、誰かに見られる心配は無用です。

Q.銀行カードローンと消費者金融の違いは?

大きく違うのは「総量規制の有無」です。先ほども言ったように、銀行カードローンは総量規制の対象外、消費者金融は対象となっています。
また、審査通過率を大手消費者金融は公開していますが、銀行カードローンは公表していないので、どのくらいの割合の人が審査に通ったというデータがありません。

Q.審査に通りやすい業者なんてあるの?

業者間で多少のバラつきはありますが、ブラックでも審査に通るほど緩いカードローン会社はありません。
ブラックでもOK・審査なしで申し込めるといったうたい文句は闇金の可能性が高いので気を付けてください。

Q.カードローンに申し込める年齢制限はあるの?

上限は業者によって異なります。69歳以下としているところや65歳以下としているところなどバラバラです。平均的には67歳ほどでしょう。
下限は共通していて、20歳以上です。未成年はカードローンを利用できません。また、20歳で学生の場合は親の同意書が必要になることもあります。

Q.金利ってどうやって決めるの?

審査で決まります。金利は限度額に連動している場合が多く、例えば100万円未満の金利は12.8~17.8%といった形で、その範囲のどの金利になるかは審査によって決定されるため、個人差があります。

Q.限度額はどうやって決まるの?

こちらも審査によって決まります。ただ、限度額については利用している内に増枠の案内が来たりもするので、無理に上げず指示に従った方が得策でしょう。

Q.カードローンを持っているとマイナスポイントはあるの?

大きなデメリットは、延滞を数ヶ月間すると住宅ローンの審査に通りにくくなるといったものです。延滞をしなければ問題はありません。
また、カードローン消費しているキャッシング枠があるので、総量規制が関係するキャッシングだと利用できない可能性があります。

Q.即日融資をする方法は?

銀行カードローンの場合は融資申請を14:50分までに済ませておく必要があるといった決まりがあります。ただし、その時の混雑状況や曜日、審査内容によって異なるので、絶対に即日融資を希望される方は午前中に申込や借入申請を済ませておくことをオススメします。

Q.「審査最短30分」と謳っているところは、本当に30分で審査が終わるの?

審査によりますが、問題なければ30分ほどで終わります。申し込みから借入まで1時間かからなかったという人もいるので、あながち嘘ではないでしょう。
ただ、それらは消費者金融が多いようです。銀行カードローンの場合は少し時間がかかる傾向があります。

Q.ギャンブル資金の調達目的でも借りれるの?

可能です。ただ、出来れば資金使途は違うものを挙げた方が審査には通りやすくなるでしょう。

詳しくはこちら⇒カードローンの利用使途に「ギャンブル」はNG!審査に通りやすい書き方とは

Q.申し込めない人はいるの?

基本的に収入のない無職の方や、生活保護受給者、障害年金や雇用保険に入っている方は利用できなくなっています。それ以外でも、学生やフリーター・派遣社員・パート・アルバイト・個人事業主・自営業・専業主婦などは審査に通りずらいと言われています。
業者によっては申し込みNGとしているところもあります。業者によって異なります。

Q.個人事業主や自営業の人はどうして審査に不利なの?

個人事業主や自営業の方は、業績不振になったときにすべてがのしかかってくるため、「安定していない」と判断されてしまいます。審査において最も大切なのは「安定」です。

例えば年収2000万円の芸能人と、月給20万円の正社員であれば、有利に働くのは正社員の方です。芸能人・アーティストなども個人事業主や自営業と同じく審査に不利な職業であるといわれています。

Q.カードローンの審査に必要な書類は?

カードローンの申込にあたって必要な書類は、「本人確認書類」と「収入証明書」です。

本人確認書類

・免許証
・パスポート
・保険証
・住民票
・印鑑証明書
・外国人登録証明書
・個人番号

収入証明書

源泉徴収票 会社勤めの人、年金の人
給与支払明細書 会社勤めの人
特別徴収税額の通知書 ご利用限度額が200万円超の場合
課税証明書 自営業の人、会社勤めの人、法人役員の人
確定申告書 自営業の人、会社勤めの人、法人役員の人

職業や属性によって提出するものが異なる場合があるので、気を付けてください。

Q.どんなときに収入証明書を提出しなければならないの?

希望限度額によっても、審査によっても異なりますが、一般的には消費者金融では希望額50万円以下の方は不要とされています。
銀行カードローンでは、提出を求められることを想定しておいた方が良いでしょう。

Q.レディースローンと普通のカードローンは何が違うの?

大きな違いは「担当者が女性になり、女性専用ローン」であるということです。電車の女性専用車両のようなものです。それ以外は大きな違いはありません。審査が甘くなることや金利が甘くなることもありません。

Q.カードローンの仮審査と本審査は違うの?仮審査に通っても本審査で落ちることはある?

仮審査は、主にスコアリングにて行います。一方、本審査は信用情報と照らし合わせて審査するので、仮審査では通ったけど本審査で落ちる人の違いは信用情報機関にある事故情報である可能性が高いです。自分が落ちた時点によって原因がなんとなくですが知ることができます。落ちた理由を絶対に教えてくれないので、そういった点から判断するようにすると良いでしょう。

Q.カードローン会社の審査通過率って?公開しているの?

消費者金融は公開しています。年や月によって変動はあるものの、主に下記のようになっています。
調査したのはここ数ヶ月で、一番高い審査通過率を比較してみました。

年/月 業者 審査通過率
2016年12月時点 アコム 48.9%
2016年5月時点 プロミス 44.3%
2016年6月時点 アイフル 47.5%
2016年3月決算 モビット 43.5%
2015年4月~12月 新生銀行カードローン
レイク
38.3%

時期によって異なるとは思いますが、常に審査通過率が高いのは「アコム」です。
銀行カードローンのレイクは、少し下がる印象ですね。

Q.カードローンの申込に保証人はいらないの?

はい、保証人は不要です。無担保・無保証人で申し込めるのがカードローンの大きな特徴です。

Q.クレジットカードのキャッシング枠とどう違うの?

クレジットカードのキャッシング枠は、ほとんどが金利18%スタートとなっています。これは銀行カードローンなどと比較するとかなり高い金利です。消費者金融と同じくらい高金利なので、頻繁に利用するようであれば銀行カードローンに申し込んで低金利に抑えた方が良いでしょう。

Q.ちょっと年収を上げたり資金使途は正確じゃなくても良いの?

虚偽の申告や嘘の職業などは絶対にNGですが、多少年収が前後するのはOKです。カードローンとしても、そこまで正確な情報を求めてはいません。

詳細はこちら⇒カードローンの利用使途に「ギャンブル」はNG!審査に通りやすい書き方とは

Q.カードローンの在籍確認を避けることは出来ないの?

基本的に出来ません。しかし、在籍確認といっても担当者名で電話がかかってきて、所属していると分かった時点でOKですので、バレることはほとんどありません。強いて言えば、過去にキャッシングを利用したことがある方には気づかれてしまうかもしれません。

Q.無利息期間サービスがあるのは消費者金融だけなの?

主に無利息期間サービスがあるのは下記のようになっています。初回のみというところが多く、消費者金融の方が多いです。しかし銀行カードローンでもやっているところもあります。

名前 無利息期間
銀行 新生銀行カードローン レイク 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
契約日の翌日から180日間(初回のみ、5万円まで)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から30日間(初回のみ)
消費者金融 プロミス 初回借入日の翌日から30日間(初回のみ)

※メールアドレスの登録とWEB明細が必要です。

ノーローン 借入日の翌日から7日間
アコム 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
アイフル 契約日の翌日から30日間(初回のみ)

 

Q.結局、カードローンは何で選ぶのが良いの?

使いやすさや申込のしやすさなども重要です。多くの人がカードローンを検討する際、

・金利
・手数料無料
・ネットで申し込める
・審査が緩いという情報があった

などで選んでいます。
また、銀行カードローンであれば持っている口座も関係してくるので、自分に合ったカードローンを選ぶようにしてください。

Q.土日祝日に申し込めるカードローン会社はないの?

消費者金融は「土日も即日融資!」といったうたい文句で出している場合が多く、利便性やスピード面で銀行カードローンに差をつけようとしています。もちろん、銀行カードローンも負けてはいません。

代表的なのが「三菱東京UFJ銀行」と「三井住友銀行」です。

・三菱東京UFJ銀行の営業時間は平日9:00~15:00ですが、テレビ窓口は平日9:00~20:00、土日祝日10:00~18:00、日曜10:00~17:00と幅広く対応しています。(設置場所によっては利用時間が異なる場合がある)

・三井住友銀行の無人契約機は営業時間が長めで、平日・土日祝日の営業時間は9:00~21:00です。土日祝日や夜でないとローン契約機までいけないという方は、非常に助かりますね。

銀行カードローンも、消費者金融の便利さに負けていられません。どんどん便利になってきているので、土日祝日の申込も安心して行うことが出来ますよ。

Q.カードローン初心者はどこがオススメ?

やはり、持っている銀行のカードローンが良いでしょう。
三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行など、三行のカードローンも非常に低金利ですし使いやすいかと思います。
また、それらを持っていると手数料が無料になる縦の繋がりもあるので、出来れば意識された方が良いでしょう。

Q.「安定した収入」っていくらくらい?

日本の平均年収は下記のようになっています。

平成27年度:420万円
平成26年度:415万円
平成25年度:414万円
平成24年度:409万円
平成23年度:414万円
平成22年度:408万円
平成21年度:409万円
平成20年度:412万円

平均すると410万円前後。つまり、月給で34万円ほどです。会社員の方はボーナスなどで一気に上がるかとは思いますが、これを基準に「多い・少ない」を判断するのが良いかと思います。また、年収だけではなく職業や属性なども関わってくるので、年収は少ないけど正社員だ、年収は多いけどフリーランスだ、など様々な人がいるでしょう。どちらかというと、前者のほうが審査に有利です。

Q.インターネットで申し込みが完結できるって本当?

ネット完結に対応しているところでしたら可能です。最近ではネット銀行なるものも続々と出てきていて、どんどん便利になっています。

 

【ちょっと変わった疑問】

Q.申込でマイナンバーを提出したら会社にバレない?

今のところマイナンバーの普及率が高くないので、マイナンバーカードの提出を求められることはありません。また、仮に提出したとしても、番号は黒塗りして見えないようにする工夫などが必要です。ナンバーを出したまま提出すると悪用されたときに大変な目に遭います。

Q.カードローンにも一括で申し込めないの?

絶対にNGです。引っ越し見積もりや不動産一括査定サイトなど相見積もり出来るサイトは多いですが、カードローンの申込は一括申込を行うと「申込ブラック」となってしまい、信用情報機関に事故情報が登録される、いわゆる「ブラックリスト入り」になってしまいます。
「一気に申し込んでみましょう!」と進めているサイトは絶対に信じないでください。また、自身で複数のカードローン会社に申込をすることもオススメしません。

Q.「闇金」ってどこにいるの?

闇金といわれる会社に出向く以外あまり思いつかないかもしれませんが、突然電話などで接触を図ってきたら十分怪しいです。詐欺や闇金など悪いことをしている人は基本的に電話でコンタクトを取ってきます。電話で勧誘されたり金銭を要求されたら100%詐欺です。
闇金はどこにいるかというと、日常の節々に虎視眈々とターゲットを絞っています。どこにでも存在していることを忘れないようにしましょう。

Q.カードローンの返済途中で利用者が亡くなったら誰が払うの?

基本的には、誰も払いません。利用者が亡くなった場合は、保証会社が肩代わりする形になります。
しかし、相続人がいる場合は別です。利用者の遺産を相続した人がいると、借金も相続することになり、支払い義務が相続人にいきます。相続の際は借金がないか確認するとともに、相続が得か放棄が得か、損のない選択をすることが大切です。

Q.カードローンの審査に通りやすくする今すぐ出来る裏技はあるの?

基本的に年収や職業・勤続年数などがカードローンの審査には大事になってきます。しかし、それは長い年月をかけてようやく実現するもの。すぐに出来ることなどあるのでしょうか?
時間をかけずにすぐに出来る効果的なものは、「固定電話を設置する」くらいかと思います。多くの人が携帯電話を登録し中には固定電話を持っていないという方もいらっしゃるかと思います。

Q.カードローンをずっと返さなかったら時効になるの?

借金が時効になるのは最後に完済してから5年経過したらです。しかし、注意しなければならないのは、何もしていなければ時効にはなりません。時効の手続きを行って初めて、時効になります。

Q.カードローンを使っていると得することって何?

もしもの時に活躍します。クレジットカードのショッピング枠では賄いきれないものが「現金」です。しかしクレジットカードのキャッシング枠は金利が高いので、カードローンが役立ちます。冠婚葬祭などで急に現金が必要になったときなどに便利です。

Q.カードローン会社が倒産したら借金は返さなくて良いの?

カードローン会社が倒産しても、借金は返さなくてはなりません。カードローン会社が倒産すると、他のところに債権が移るので、利用者としては変わりません。逆に、「過払い金請求」が出来ないので、倒産寸前の会社で借りることは利用者にとって何のメリットにもなりません。

Q.携帯料金の支払いが遅れたことはあるけど、カードローン審査は問題ない?

携帯料金の中に、携帯電話本体の代金が割賦として入っている場合は、未払いが3ヵ月以上となると信用情報機関に金融事故情報として登録されます。携帯の本体代は高いので分割にしている方も多いでしょう。そうしていると延滞したときにちょっと面倒なことになってしまいます。携帯本体を分割払いにしている人は支払いが遅れないようにすることはもちろん、遅れた場合は速やかに支払い手続きを行いましょう。

Q.金利って交渉出来るの?

基本的に応じてくれないと思われます。しかし、交渉すること自体は個人の自由です。
注意点としては、出来れば交渉は増額の提案が来た際など、電話での方が都合が良いでしょう。
優遇されることが場合によってはあるかもしれません。