オススメのパチンコ依存症の治療法:アニマルセラピー

アニマルセラピーとは?

dogandwomen

みなさんは動物を飼っていますか?
アニマルセラピー」とは、動物と触れ合ったり飼育したり共同生活をしたりすることで、ストレスが和らげられるものとされています。
実は動物と触れ合うことで病気やうつなどが回復していったという例はかなり多いのです。
なので、「アニマルセラピー」はストレスを減らし、心を癒すことで様々な病気に効くと世間から注目されています。
パチンコ依存症にもとっても効果があるのです。
特に「アニマルセラピーを受けましょう!」と率先される利用対象のは次のようなものがあります。

●末期ガン患者などの終末医療
●精神障害者の心の安定
●精神病(うつ病や統合失調症など)の治療の一環
●高齢者のケア
●不登校や虐待などを受けていた子供

心に闇を抱えていて不登校になってしまった児童の心の扉を開いたり、高齢者で病院暮らしの方の心を癒したり、アニマルセラピーを受ける年齢層は広いです。
そしてセラピーを行う動物の種類も様々です。
共通するのは「人には癒せない傷を動物が癒している」というところです。
こうしてみてみると、動物と人はとても支えあって生きているのですね。

アニマルセラピーの現状と問題点

doctor

ドイツなどの国では、アニマルセラピーはごく一般的に行われていますが、日本での普及率はかなり低いです。
それは文化的なものが関わっていると思うのですが、日本は動物を医療に持ち込むことを「かわいそう」という目で見てしまう傾向があるようです。
このように国によっても違うので、まだまだ普及率が低いのも納得がいきます。
そして、アニマルセラピーには、医療の専門家と動物の専門家が協力し合ってこそ成り立つものなので、それに取り込む余裕がなくては成り立ちません。
そこで「ボランティア」の存在が大事になってきます。
欧米とは違い日本のボランティアは未熟です。
アニマルセラピーに犬を役立たせたいと考える方と、医療をつなげる役割をしっかりと果たしているとは言い切れないのです。
医療とボランティアとの間にある「ツール」や「課題」はまだ解決しそうにあります。
これは今後の課題になってきます。

パチンコ依存症にも効くの?

hirameki_men2

話が逸れましたので、話を戻すと、アニマルセラピーは様々な病気に効果があるとされていて、よく使われている治療法の一つですが、果たしてパチンコ依存症にも効果はあるのでしょうか?という問題でしたね。
結論からいうと、効果はあります。
しかし、医学的に証明されているものではなく、少し不思議な力があるとされています。
動物が与えてくれるのは無償の愛です。
辛いときにそばにいてくれたり、イライラや不安を癒してくれることによってパチンコに行かなくなるというのは実際あり得ない話ではありません。
ギャンブル依存症となる理由の一つに「ストレス」があります。
アニマルセラピーはこの「ストレス」を軽減してくれ、ギャンブルから離れることを手伝ってくれます。
積極的に動物と触れ合うことで、精神的に落ち着きを取り戻し、ギャンブルをする理由の一つであるストレスを解決し、依存症を克服しましょう!

ペットを飼っている方はラッキーですね。
自宅でセラピーを受けているようなものです。
大切にしてあげてください。

動物アレルギーの人は、少なからずいらっしゃると思います。
現実をみつめて、解決できる問題はちゃちゃっと片付けちゃいましょう。
「借金」は大丈夫ですか?
「大切な人」をおろそかにしていませんか?
「仕事」は上手くいっていますか?
前に進んで回復に向かっていることに喜びを感じましょう。
パチンコ依存症を克服したとき、必ず幸せはやってきます。
現実をみて回復に向かうことは幸せへの第一歩ですよ。