フリーターでも正社員に!債務者のための就職転職ガイド

ようこそ、『人生を一転させる就職、転職』へ。

私はずっとフリーターでした。しかも、ギャンブル依存症によって任意整理をした経験があったのです。18歳から社会人になって約11年間、正社員も諦めていましたし、就職なんてできるわけないと思っていました。

しかし、そんな私が29歳の頃就職することができました。結婚し大黒柱として稼ぐために就職を決意し、それからとんとん拍子に進んで現在に至ります。

高校を卒業後11年間、ギャンブルをやってはフリーター生活、そんなツケが回ってきて任意整理。コンビニ、スーパー、居酒屋など数々のアルバイトをやってきました。その後就職して思ったこと、

『正社員で雇ってもらえるって幸せーーー!!』

人生において何事も経験!というときに、フリーターでいるのは正直もったいなかったなと。正社員はやれることの幅も広がりますし、頑張った分だけリターンもあります。フリーターには絶対にない『ボーナス様』があります。これだけ揃ってる正社員ってほんと凄いです。

ってことで、今回は債務整理をしてフリーター11年選手だった私でも正社員になれた話を紹介させてください!

◇目次◇
◇フリーターから正社員になりたい人は多い

◇債務整理が就職・転職に影響する?

◇【最終学歴+年代】で就職する方法を考える

・【中卒】10代・20代が就職する方法
・【高卒】10代・20代が就職する方法
・【大卒】20代・30代が就職する方法

◇就活チョイ技3選

◇オススメの就職支援サイト【人気ランキングTOP3】

◇就職・転職後に給料が下がったら知っておくべきこと

◇フリーターから正社員になりたい人は多い

日本の15~34歳までの若年層世代でフリーター(パート・アルバイト等)が占める人口数は179万人,15~34歳人口の割合は6.8%です。※2014年調べ

思っていたよりも多いですよね。さらに驚くのが、上記の数字には35歳以上のフリーターは含まれていないという事実。近年、フリーターは高齢化しているといわれていて、街でみかけるコンビニ店員や警備員などは高齢な方が目立ちます。フリーターはボーナスや昇給がない上に、退職金もありません。

▶一生フリーターでいるの?

あなたはいつまでフリーターでいるつもりですか?

まだ20代だったら良いかもしれません。しかし、高齢になればなるほどフリーターって辛いんです。

ブラック企業で働くくらいだったらフリーターで良いかもしれませんが、企業は星の数ほどあります。ちゃんとした会社に就職できるのであればそれはベストだと思いませんか?

▶フリーターは年齢が上がるほどダブルワークに

若いうちは体力もあり毎日バイトしていても頑張れるかもしれませんが、その体力が一生続くわけではありません。断固として結婚しないと決意していれば、自分ひとりだけの生活なのでフリーターでも生きていけるでしょう。しかし、普段の生活はもちろん、体を壊したときたった一人きりというのは寂しい気持ちになりませんか?

私は人一倍子供が好きで結婚したいと思っていたので「就職するか・・・!」と決心がつきました。「これは絶対に外せない」という条件があれば、そのために頑張るのは生きる糧になります。

▶就職、イイかも?

多くのフリーターが「出来るなら就職したい」と思っています。もちろん、就職したからと言って一生安泰ではありませんし、リストラ・倒産の可能性は誰しもがあります。

しかし、就職することで得られるものはかなりあります。人脈、技術、経験、これらは何にも代えがたいものとなるでしょう。将来独立したり、転職する際には必ず役に立ちます。これはフリーターでは得ることがなかなか難しいものかもしれません。

そして何より、就職したら使えるお金が増えます。フリーターをやっていた頃は頑張って月十数万円くらいでしたが、正社員になるともう1ランク上がります。保証もしっかりしているので、それだけフリーターと正社員の違いは大きいんです。

▶就職に本腰入れて良い企業に入ろう

フリーターは時間がとにかくたくさんあります。就職活動に向けて戦略的に着実に進めましょう。

就職しようと決意するのであれば、これからも世の中に必要とされるスキル、経験ができる仕事を選ぶことをオススメします。すべてに保証があるわけではありませんが、何もしないよりマシです。何もしていないことのほうが危険です。

30歳を超えるとどうしても就職は厳しくなってしまうのが日本の現状です。もしもあなたが仕事に不安を抱えているのであれば、思い切って行動してみましょう。

あなたが20代であれば、まだまだ就職できる可能性はあります。最近の市場は団塊世代の退職や労働人口の減少によって若い世代を求めているからです。「若さ」は武器になります。

【就職することのメリット】は数えきれないくらいあります。

人脈

スキル

経験

ローン審査が怖くない

貰えるお金がかなり増える

世間の目を気にせずに済む

可能性が広がる

まず「就職したいけど学歴がないから…」不安材料を取り除き、自信を持って就活ができる土台を固めていきましょう。

◇債務整理が就職・転職に影響する?

ギャンブル依存症の3大特徴の「借金」ですね。私もそうでした。

では、任意整理などの債務整理をすると就職や転職に影響があるのでしょうか?

◆任意整理中、任意整理後でも就職・転職は可能

結論からいうと、任意整理をしていてもしている途中でも転職に影響されることはありません。しかし、自己破産であれば話は別で、生命保険外交員になれないなどの制限がかかります。自己破産は裁判所を利用するため、債務整理の中でも最も他への影響力が強いです。

任意整理の場合は裁判所を利用するわけではないので就職への影響はないと言えます。サラリーマンでも個人事業主でも、生まれ変わった気分で自分の好きな職に就くことができます。影響があるのは、金融機関を通すローン審査のみです。公務員や正社員で安定した収入があったとしても三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行などの三行のローンや住宅ローン、自動車ローンなどは利用できません。

また、任意整理を行った旨を採用先の企業に知られたり調査されることはありません。任意整理は自己破産とは全く別のものですので、就けない業種はありません。

◆任意整理中や任意整理後に転職する際の注意点

任意整理の手続き後、支払いが残ってしまう場合は注意です。手続きにかかる費用の支払は、通常3~5年間で毎月数万円ずつ返済していく必要があります。転職して月収が減ると、毎月の返済ができなくなってしまう可能性が出てきます。そうなると個人再生や自己破産などの別の債務整理を利用しなくてはならなくなり、状況が悪化するという緊急事態に・・・

ですので、任意整理後に転職する際は、通常以上に収入にシビアになる必要があります。採用条件や収入の増減、ボーナスの有無など、転職によって任意整理後の返済が困難にならないかなど慎重に考えていきましょう。

転職によって収入が減ってしまう場合は、お願いしている弁護士さんにしっかり報告して相談しておきましょう。

 

◇【最終学歴+年代】で就職する方法を考える

「自分は学歴がないから…」と就職するのを諦めていませんか?

安心してください。あなたが20代・30代なら、まだまだ自分に合った就職先を見つけることができます!

◇【中卒】10代・20代が就職する方法

▶職歴不問の求人に応募する

求人を見てみると、「高卒以上」や「大卒以上」といった条件のついてるところも多いです。
しかし、中に「学歴不問」といった中卒でも受けれるところがあります。

ブラック企業なのではないかという疑問ですが、ブラック企業に就職しないために下記のことを気をつけると良いでしょう。

【ブラック企業チェッカー】

・企業の理念や社風、事業内容
・離職率
・信用できる口コミや評判
・設立して3年以上経っているか、将来性はあるか
・社員の年齢層・平均年齢
・どのくらいの期間求人を出しているか
・有休消化率

など。

◇【高卒】10代・20代が就職する方法

▶向いている職種・業界を狙う

ズバリ高卒のフリーターが就職しやすい業種・業界は知識や経験に関係なく未経験者でも歓迎される仕事が良いでしょう。

具体的な例としては、飲食・土木・販売・営業・介護など、体力も必要とする仕事です。

これらは、年齢も重視されるためたとえフリーター歴が多少長かったとしても落とされることが比較的少ない仕事です。その中でも、営業職は対人スキル・ビジネススキルが身に付き、今後の仕事にも役立つでしょう。またインセンティブがあるところも多く、がんばれば頑張るだけお給料に反映されるシステムがあればモチベーションにも繋がるでしょう。基本給は平均でも、インセンティブで高収入を見込めます。必要とされる業種は、転職にも有利になり引く手あまたになるので、メリットの多い業界で選んでも良いかもしれませんね。

▶書類審査を味方に!しっかりとした志望理由と自己PR

高卒も大卒も、フリーターはフリーターです。人事採用をしている人によると、大卒でも高卒でもそれほど大差はないそうです。

学歴はあまり気にせず、明確な志望理由と自己PRで勝負しましょう。フリーターはスキルや経験において不利になってしまうので、熱意ややる気など内面をアピールしましょう。自己分析を行い、志望する会社のことを調べ尽くし準備万端な状態で挑みましょう。

まずは書類選考を通過することを目指してがんばりましょう!

◇【大卒・大学中退】20代・30代が就職する方法

高卒、大卒あまり大差はないにしろ、大学を卒業していたらその分経験値が増えます。勉強したことや活動したこと、大学に行ったからこそ学んだことなどを存分にアピールしましょう。

最近は完全な人手不足です。また、新入社員の早期退職も問題になっています。就職四季報によると、3人に1人が入社して3年以内に辞めてしまうといいます。
つまり若手が足りておらず、新卒採用だけでは足りていないという現状があります。

大卒であれば既卒でも「若い」という点で有利です。若い人はそれだけ就職しやすく、高卒よりも教育を4年多く受けているという点でさらにアピールができれば大きな加点となることでしょう。

私は高卒→フリーター→ニートになりましたが、就職を諦めなくてよかったと思います。20代後半は常に焦りがありました。周りの友人も就職し人によっては転職しさらにスキルアップしているのに対し、フリーターやニートだった私は将来が怖かったのです。40歳、50歳になってもフリーターかもしれないという言いようのない不安が襲い掛かってきました。就職してみて、自分自身の精神状態だけでなく周りの接し方も変わりました。

◇就活・転職が不安になったときの裏技

▶面接試験はこうして乗り越えよう!

書類選考を通過しても面接が苦手という人も多いのでしょう。

「なぜ大学に行かず就職もせずフリーターになったか?」「なぜ大学に行ったのに就職せずフリーターを選んだのか?」

などを聞かれる可能性が高いので、その理由は必ず準備しておき、逆に自己PRに繋げてしまいましょう。

変に取り繕うのではなく正直に話し、その経験を活かしてどうするか、反省や熱望などの強い気持ちをしっかり伝えましょう。強い意志はプラスな印象を与えます。面接とは、面接官とのコミュニケーションです。

ただし、面接の中でも精神的にエグられる「圧迫面接」もありますので、折れない心でいましょう!

▶脳内ショートコント「面接」!

あがり症で大切な面接や試験の前にはおなかが痛くなってしまうという人もいるでしょう。私もそうでした。

面接に慣れていないとそういった不安な気持ちに頭が支配されてしまいます。そんなときは、この「脳内ショートコント」でコント仕立てにしてしまう方法を試してみてください。コント気分で心に余裕が生まる・・・かも?

▶「なにか質問はありませんか?」がチャンスになる!

面接の最後は誰もが油断します。そう、面接官でさえも。その時を狙うのが絶好のタイミング!

「最後になりますが、何か質問はありますか?」と言われたら腕の見せ所です。

「入社までに準備しておくことはありますか?」
「御社の~~といった経営戦略はどのような~~ですか?」
「~~についての参考書を読んでおく以外にすることはありますか?」

など、積極的に「印象の良い質問」をしましょう。調べればわかる質問は極力しないようにしましょう。印象の良い&やる気を感じられる逆質問がオススメです。

▶就職・転職後に給料が下がったら便利な制度

もし、就職・転職後に給料が下がってしまったら使える制度は覚えておきましょう。

「就業促進定着手当」

「就業促進定着手当」とは、再就職手当の支給を受けた方で再就職先に6ヵ月以上雇用され再就職先での6ヵ月間の賃金が離職前よりも低くなった場合、基本手当の支給残日数の40%を上限に低下した賃金の6ヵ月分が支給されます。

こういった制度もありますので、就職に不安を抱く必要はありません。はじめの一歩を踏み出すのが大変かもしれませんが、こういった制度をうまく利用できるので、思いっきり安心して就活に集中してください!

◇オススメの就職支援サイト【人気ランキングTOP3】

就活はいろんな人の力を借りてパワーアップさせた自分で挑むものです。

ひとりで苦しまず、サポートしてもらいながらリラックスして挑むのが就活のコツかもしれません。

就活で成功する人の多くが利用しているのは「就活支援サイト」です。空白期間(ニート期間)と債務整理経験のあるフリーターの私でも、就活支援サイトで就職できました!

就活支援サイトはそれぞれで内容が違って、就職活動のサポートや社会人マナーを教えてくれる講習があったり様々です。なかなか就職できない人の立場に立って考えてくれるプログラムなので、不安も自然と解消してくれます。

今回は、就職や転職はしたいけど面倒!と思っている人におすすめの就活支援サイトをご紹介します。
自分にマッチした求人を探してくれるだけでなく、書類の添削や面接練習まで無料でやってくれる手厚いサポート!

 

というわけで、ズバリ

【面倒くさがり屋でも就職できるランキング】

発表です。

TOP 1◇未経験者は「リクらく」

対象者 関東圏
実績 カウンセリング実績は2万人以上
紹介する企業の特徴 既卒歓迎/書類選考なし/サポートが丁寧/若者向け
主な求人の職種 営業職や中小企業、電子機械メーカーやIT通信メーカー、サービス業/不動産業/IT、営業/事務/企画
利用料 完全無料

リクらくの得意としている案件は、なんと人気職(企画・事務等)です。中小企業の企業が多いサイトになっています。運営会社がIT事業で、日立製作所、東日本電信電話、デンソー東京、三菱電機との付き合いが長く、電子機械メーカーやIT通信メーカーとのコネクションが強いので、大企業への求人紹介もできます。

もちろん登録と利用は完全無料です。登録を行い入力などを済ませ3分以内には登録が完了します。

登録ができましたら、担当者から電話かメールが来ますので、相談しながら就職活動を行います。

仕事OK,福利厚生もしっかり整った高収入の企業に入るチャンスがゴロゴロ転がっています。

『リクらく』のここがスゴイ!!⇒地域が関東圏に限られているからこその密着した全面的なサポート!非公開の求人も豊富だから、どんな人にも納得のいく仕事に出会える!

 

TOP 2◇関東での就職は「ハタラクティブ」

対象者 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の就職希望者で20代の方
実績 約70%が未経験者、書類審査通過率90%以上、内定率80%以上、支援実績6万人以上
紹介する企業の特徴 未経験OK、人柄採用、実際に取材した企業のみ
主な求人の職種 営業、エンジニア、企画、技術系、事務、サービス、販売など
利用料 完全無料

フリーターから本気で就職するならここ!
ハタラクティブは登録必須で、登録数は6万人以上!
利用者の9割が20代、そのおよそ70%が職歴がない、日本でイチバンフリーター・既卒・大学中退・既卒・第二新卒の就職支援を行っているといっても過言ではないでしょう。一定層に選ばれ続けている就職支援サイトNo.1です。

求人募集が関東圏のみなのですが、未経験者でも常時1000件以上募集しているのは助かりますね。就職活動の悩みや今後についてもしっかりと相談に乗ってくれます。完全無料でここまでのサポートがあるので不安を感じることなく就職活動ができるでしょう。まずは相談から始めてみてください。

『ハタラクティブ』のここがスゴイ!!⇒どんな状況でも働ける、範囲の広さは日本で一二を争う懐の広さ!アルバイト経験なしで紹介される求人あり。サポートもしっかりしているから利用して損しない就職支援サイトです。

TOP 3◇日本最大級の「リクナビNext」

対象者 幅広い対象者。誰でもOK
実績 毎週2.6万人以上が登録している日本最大級の求人サイト。
転職者の8割がリクナビNextを利用
求人の85%がリクナビNext限定
紹介する企業の特徴 大手グループなので安心して利用できます。求人数は約6000件。圧倒的知名度とブランド力。
主な求人の職種 幅広い職種。
利用料 完全無料

地域や年齢などの条件がないところだと、圧倒的にリクナビNextがオススメです。職種も豊富なので業種が決まってなくてもOK!求人数はトップレベルで、毎週新しい求人が1,000件以上更新されます。リクナビNextのみに登録している求人が全体の約87%を占めているので、他の就職・転職サイトで良い求人に出会えなかった人も一度試してみる価値はありますよ。

また、リクナビNextは機能面も充実しています。サイト内の検索機能が優れているので、簡単に見たい情報を見ることができるんです。使い勝手が良いので気がついたらいろんな求人をみていて時間があっという間に過ぎてしまっていました。選択肢が増え吟味するからこそ、自分に納得のいく就職先に出会えますよね。

『リクナビNext』のここがスゴイ!!⇒市場はリクナビが独占している可能性大。信用と信頼があるからこそ良い案件が多い。全国区で見ていくならリクナビNextが確実。

 

————転職は出会い。だと思う