【機密事項】ご家族・支える方に、治すコツをこっそり教えます。

相手がハマっているギャンブルに興味を持つこと

実は、わかっているようで実行できていないことがあります。
そしてそれはパチンコ依存症を治す上で非常に大切なことなのです。
これは、特にご家族の方やパチンコ依存症に苦しむ人を支えてくれている人に見てほしいものです。

その方法は、「相手がハマっているギャンブルに興味を示す」ことです。
なぜか?
パチンコ依存症の方は、今まで数々の批判や否定を少なからず受けてきたはずです。
そして、自分がパチンコ依存症であったら後ろめたさというか、
「きっと批判されるんだろうな・・・」
「どうせ理解なんてしてくれないんだろう」という思いが率先してしまって「興味を示される」なんて思ってもいないからです。
話す前からギャンブルを否定されることによって「わかってくれない!」と心を閉ざしているのです。
なので興味を示されたらどう思うか?嬉しいですよね。
いままで否定されることや理解されないことが多かったけど、「わかってくれた」「話を聞いてくれた」と思うはずです。
そしてそれが喜びになります。

でも・・・嬉しいだけじゃパチンコ依存症を治すことはできないよね?
そうですね。まさにその通り。しかし、大切なことを忘れています。
パチンコ依存症を治す目的は、「幸せになるため」です。
「嬉しい」と思う感情は幸せにつながっています。
相手が興味を示してくれた、否定されなかったことで相手はあなたを「良い存在」と感じるでしょう。
そしてギャンブルを否定されなかったことで話すことが多くなります。
話すことで「依存症」は変わるんです。

相手を否定しない

コツは、「相手を否定しないこと
これがとても重要です。
例えばこういった会話をしたとしましょう。
相手が、「ギャンブルをすることでストレス解消になっている!」と言っているのに対して、
「ストレス解消にお金使いすぎだよ!」「ギャンブルなんてやめなよ!」などと返すこと。
一言でいえば否定していますよね。
否定的・批判的な言葉は「結局話も聞いてくれないや・・・」と感じ話さなくなってしまいます。
なので、「ギャンブルはストレス解消になるんだね!」「ストレス解消になったと思う瞬間はどんなとき?」
など否定せず相手の話を引き出すような会話をしてみてください。
そうすることで、相手がギャンブルにハマったきっかけや止めたいと思っているかなど普段誰にも話さなかったこと、心の奥深くまで知る入口がようやくできるのです。
私たちも同じはずです。
自分の話をしっかり聞いてくれる人と、全く無関心もしくは否定的に話す人、どちらとたくさん深く話したいと思うか。
話していて気持ちが良いと感じるのは前者だと思います。
相手の話を聞かずして心の奥底を知ることはできません。
それなのに「相手がギャンブルをやめない!」「ギャンブルなんてやってダメな人!」と相手の話も聞かず否定を繰り返しているのです。
パチンコ依存症の方が孤独に陥るのもわかります。

第一歩

相手の話を聞くことで、相手のハマっている理由や原因を知ることができ、そうすることで解決方法や治し方を探しやすくなります。
それが相手を解決へと導く第一歩になるのです。
今までは第一歩を踏み出さず「解決」だけを求めていたのです。
それなくして解決はあり得ません。
相手と同じ目線になり方向を共有することで信用になるのです。
相手が「依存症を解決したい」を言ってきたら、「この人はわかってくれたから、信用している」姿勢であるといえます。
あなた自身、心をオープンにしていつでも受け入れてください。
決して「どうせ続かない」とか「やめれるの?」とか否定的なことは言わないでください。

初心に戻って・・・一緒にパチンコ依存症を解決していきましょう!
お役に立てれば幸いです。