20代女性、レディースローンでの借金返済ブログ

パチンコを始めたことによって借金をしたこと、

パチンコが私の世界を壊したこと、

全てを乗り越えて克服したこと、

 

ここですべてお話しします。

 

◇プロフィール◇
性別:女
年齢:20代前半(当時)
職業:飲食アルバイト
借入:レディースローン+通常のキャッシング複数

 


パチンコで負けを取り返そうとした瞬間から負のループ

パチンコは当時付き合っていた彼氏の影響で始めました。
ギャンブルなんて嫌いだったのに、彼に嫌われたく無いし一緒にいたいしと思って一緒にパチンコ屋に行くようになりました。

最初は彼氏に付き合ってちょこちょこ遊んでいるだけだったのに、1度だけうっかりアツくなって2万円ほど負けてしまったことがありました。
あれで怖くなっていれば良かったのですが、悔しくなって取り返そうとしてしまったのが運のつきでした。今までは1000円でも勝てばラッキーと思えていたのに、2万円分を取り返そうと思った途端に、1000円の勝ちでは満足できなくなっのです。

しかも頑張って負けを取り返しても、彼氏がバカスカお金をつぎ込んで、その負け分の半分を負担させられていたので、負けが無くなることはありませんでした。
男性は負けると熱くなり、女性は冷静に負けを取り戻そうとドツボにハマっていってしまいます。(→パチンコ依存症の女性の場合)パチンコは上手くできていますね。


人生で最大のどん底生活

気が付けば電気が止まり、彼氏と二人で懐中電灯の明かりの中でカップラーメンをすすっている状態でした。
そんな生活が1年以上は続いたでしょうか。
気が付けばパチンコが生活のほとんどになっていて、借金もカードローンやキャッシング業者複数からするようになっていました。
仕事は学生気分のままアルバイトをするフリーターでした。しかし、キャッシング会社からは100万円以上借りていました。
レディースローンは限度額が低めに設定してあるのか、通常のキャッシングからも借りていました。
思えばそれが人生最大のどん底生活だったと思います。
しかしその時は全く気がつきませんでした。借金を返すためにパチンコに並ぶかアルバイトに行っているかどちらかでした。
気が付けば何ヶ月美容院に行っていないんだろうというくらいボサボサになった髪。買い物なんていつから行っていなんだろう。頭をふとよぎりますが、パチンコに行かなければならないのでそんなことを考える時間は少なくなっていました。

ある日10万円負けて帰ってきた彼氏が「今日10万負けちゃったよー」
「でもお前が明日朝イチで行って10万勝ってくれたら万事解決だな!」
と笑っていたのを見て、初めてパチンコが怖くなったのです。

10万?いつもそんなに勝てないじゃない!いまどき10万も勝てることなんてほとんどないのまだわからないの!?しかもなんでいつも他力本願なの!
と、怒り・呆れ・いろんな感情が沸き起こってきました。
これが私の最後の力のように取り留めもなく溢れてきました。そして、現状に幻滅しました。
私たちはパチンコにここまで変えられてしまったんだね、と。


助けてくれたのは消費者金融と友達でした

翌朝、必要最低限の荷物だけ持って、友達の家に居候させてもらいました。そして生活を立て直すための当面の資金として別の消費者金融のレディースローンで「これで最後」と決めて10万円借りました。
彼氏と住んでいた家を出て、しばらく居候させてもらうために、友達に今までのことを全て打ち明けたところ、生まれて初めて親兄弟以外の人から全力で叩かれました。
般若か仁王様かという勢いで怖い顔しながら、でも泣きながら本気で叱ってくれました。それで完全に目が覚めました。

「そういう理由なら、自分で借金して、自分でちゃんと返済しなさい。家賃は良いけど、食費と光熱費の折半だけは貰う。もう一度自分で生活立て直しなさい」と、愛のある厳しい言葉と態度をくれたおかげでパチンコを卒業することが出来ました。
今でもたまに1円パチンコならいいかなと、心の中で悪魔がささやくことはありますが、あの時の般若のような友達の顔を思い出すと、自然と悪魔が消えてくれます。
そして消費者金融でお金を借りて以来、きちんと自分が持っているお金と支払や返済に使うお金を分けようという意識を取り戻せるようになりました。
人は、必要に迫られないと自分の意思だけではなかなか変わらないのだなと思いました。
もしパチンコをやめたいなら、消費者金融でお金を借りるとか、厳しい友達に打ち明けるなどして自分を追い込んでみるといいかもしれません。


やめることが出来た自分はラッキー

20代前後の女性で、彼氏の影響でギャンブルをやり始めたという人は実は多いと思います。
私もはじめは彼氏と一緒にいれると嬉しいし、やっている内にやり方や当たり方も覚えてきて楽しめるようになりました。
しかし、勝ったらそれを軍資金にしてもっともっととなるし、負けたら負けたで必死で取り返そうとするから、どっちみち良い方向に進めないんです。
勝っても地獄、負けても地獄。依存症の世界へこんにちわ!
借金地獄へようこそ!
って感じにどんどんのめり込んでいくんです。その間、もちろん本人は無自覚です。

そんな中でもなんとか辞めることが出来た私はラッキーだと思います。
その頃は消費者金融からの借金が複数になっていましたし、
彼氏は全然平気な顔してるしで、友達が助けてくれなければどうなっていたことやら・・・

あれから私の生活は激変しました。
それは良いこともあれば苦しい時期でもありました。借金は今でも少しずつ返済しています。
借金に苦しめられましたが、生活を立て直すために最後に借りたあのお金がなかったら、あの生活から抜け出せていなかったかもしれないと思うともっと怖いです。

借金の主な返済方法は、次で紹介します。


複数の借金はまとめ、必死で働いた

まず始めに、借金をおまとめローンを使って一本化し、金利を低くするとともに返しやすくしました。
バラバラだったら金利も高いし返済日もバラバラでうっかり忘れてしまうことが多かったからです。

ギャンブル依存で作った借金を返済する方法【4選】・・カードローン他

あとはとにかく必死で働きました。
アルバイトは2つ、多いときは3つを掛け持ちし、他のことにお金を使うこともほとんどなく、
生活費だけでなんとかやっていきました。
人生必死で何かをやればなんとかなるんだなと少しずつ感じるようになりました。
借金自体はあと少しのところまできているので、やっとゴールが見えたことでより頑張ろうと思えるようになりました。
楽しい時間は、少しでもお金をかけない趣味をしているときです。
アルバイトから帰ってきてちょっとした時間に本を読んだり、映画をみたり、
いろんな「楽しそうなこと」が載っているのでよかったらみてみてください。

パチンコをやめて趣味をみつけよう

 

実はまだ完済は出来ていません。借金を完済したらまた報告させていただきます。