パチンコ屋が必死で巻き返しを図っている件【依存症ホイホイ】

パチンコ店の若者離れが加速する中パチンコ店は様々な工夫を施しています。
今回は、パチンコ店が力を入れている「パチンコ店内の快適化」とそれについての注意点とを紹介していきたいと思います。

最近の若者はパチンコに行かない

いまパチンコ業界は非常に危ない状況なのです。
利用者はどんどん減少まっしぐら。
ピーク時の1995年には約2900万人いた利用者は、2007年には半分に、そして2013年には1000万人を切るという非常事態に陥っています。
これは最近でも落ち着いておらず、パチンコへの深刻な若者離れが原因でしょう。(⇒パチンコ業界の「いま」と「みらい」若者のパチンコ離れが加速中
若者はパチンコ以外にも楽しいことがたくさんあります。
スマホが普及してさらにパチンコ店の影は薄くなる一方です。

パチンコ店内の快適化

そこで、パチンコ店はどうにか客を呼ぼうと必死になっています。
主に大型の店舗で見られるのですが、無料サービスにたくさんの工夫がされているので大まかに紹介します。

mangadana

● Wi-fi完備は当たり前
店で快適に過ごしてもらうためにWi-fi完備はいまや常識となっています。

● マンガ喫茶化
漫画が取りそろえられており、軽めの漫画喫茶のよう。パチンコに疲れた方や漫画に夢中になっている人まで、様々な人が利用しています。

toilet

● トイレがめちゃめちゃキレイ
パチンコ店のトイレは最先端です。とってもキレイで、女子トイレにはパウダールーム完備なんてのも当たり前にあってビックリします。

● 無料配布物
雨が降っていたら傘をくれたりもします。貸出もしくは配布のようですが、貸出の場合は果たして傘は返ってくるのでしょうか・・

● マッサージチェア
疲れた体を癒してくださいとばかりに、マッサージチェアがあるところまであります。
まさに至れり尽くせり・・・いや、今日負けたんだった・・・と負けた気持ちもほぐしてもらえます。

● 足湯
癒しの空間が揃っているんですね。ある店舗は限られてきそうですが、足湯とパチンコ店なんて驚きの組み合わせですね。

● 託児所
車に放置される問題なども関係して、託児所を備え付けているところもあるそう。
子供が社内に取り残されるよりはマシですね。

sofa_pc

これらのことからもわかるように、パチンコ屋さん、めっちゃがんばっています。
それもそのはず、前述の通り業績が良くないので、「店内に少しでも長い間滞在してほしい」というわけです。
店内の滞在時間と消費は比例していて、滞在が長いほどお金を使う額も増えます。
だから店内を快適にするために必死なんですね。

cafeinmiyakojima

それ、すべて「負けたお金」でできています

もうわかっていると思いますが、その設備やサービスすべて利用者が負けたお金でできています。
そして、パチンコから多くの人が離れた理由も「勝てないから」なんです。
勝てていたら若者離れも生じませんからね。
また最近決定した規制内容で還元率はさらに悪くなっています。
「この還元率で誰がするんだろう?」と思うレベルに・・・
たしかにパチンコ店自体が無料配布に力を入れていたりサービス面で充実しており
設備も良く快適で居心地もとても良いと思いますが、
行きつくところはそれは「みんなが負けてできている」のです。
居心地が良いからといって、そこで大金を使ってしまったら終わりですよ!「依存症ホイホイ」になってしまいますよ!
またうるさい空間なのでリラックスはできません。
パチンコ自体が「うるさくて、タバコくさいもの」といったイメージから、「快適に過ごせる空間」にイメチェンを図っているのは目に見えています。
しかし、やっていることは変わりません。イメージに騙されないようにしましょう。
その空間にいるために必要な大金があればどんなことができるか想像しましょう。
パチンコ依存症克服に向けて、グッとこらえてくださいね。