ノリ打ちのススメ!パチンコ・パチスロどうせやるなら楽しく!

1,はじめに

パチンコ・パチスロに一緒に行く友人がいるのですが、どちらかだけが勝っていたりすると、ちょっと雰囲気が悪くなったりするんですよ。

(なんでお前ばっかり当たるの!?、もう連チャン終わってくれよぉ)とか、熱いリーチが友人に来たときに、(ハズレろぉ、ハズレろぉ)とか、思っちゃったり…。

自分が負けているときに、人の勝利を素直に喜べないモノですよね!

そんなこんなで始めたのが『ノリ打ち』なのですが、本当に楽しく話しながらパチンコ・パチスロが打てるようになって、ちょっとルールやメリットにデメリットを語りたいと思います!

2,そもそも『ノリ打ち』とは?

ノリ打ちとは、「勝ちと負けをみんなで共有する」ことです。「一人だけ勝った!」とか「うわぁ、俺だけ大負けだよぉ」なんてことはなくなります。

つまり、個人戦ではなくチーム戦でパチンコ・パチスロを遊ぶことになります。

「勝った場合には全員の利益を同じに」「負けた場合には全員の出費を同額に」することが基本です。

ホールによっては出玉の共有を禁止しているので、そこには注意しなければなりません。

3,ルールは絶対!掟を守れ!

お金が絡む以上は、ルールはしっかりと決めて、全員が把握をしていないとトラブルの原因になります。

友人とノリ打ちするときに使っているルールを参考までに!!

1)決めたお金を共有財産に
例えば1人の金額を3万円と決めた場合には、2人の合計で6万円がその日の元手。

2)レートは同じに
1パチと4パチで分かれるなどは禁止。

3)定期的に情報交換
使った金額や出ている玉数なんかは把握したい。

4)その日の終わりに「勝ったお金」or「負けた投資」は同額に
これが最も重要ですね。計算ミスをしてはいけない。

ノリ打ちのルールは人によって違います。自分のルールを相手に押し付けずに、みんなが納得できて、しっかりと”理解”した状態で始めましょう。

4,落とし穴!?それはダメ!

「ノリ打ちで失敗した!友情が壊れた!」なんて体験談もあるので、注意してください!

ケース1、自分が5万勝ったのにフレが5万飲まれたから怒った!
ノリ打ちは運命共同体です。こんな場合にも笑いあえる仲間とやりましょう。

ケース2、ノリ打ちで負けた後、「あの後、一人で打ってめっちゃ勝ったよ~ん」報告
相手の気持ちを考えてあげてください!

ケース3、「良し、ノリ打ち開始な!」朝一フリーズ「んっ、今日は個人戦だっけ^^」
ちょっ、おまっ、フリーズ引いたからってそれは…。

5,喜びは倍で悲しみは半分?

ノリ打ちのメリットはなんといっても「お互いの大当たりを心から喜べる!」です。特に隣の席で打っているときは、友人に熱い演出が出るとこっちまでドキドキして、単純計算で当たりで喜べる確立が倍です!

もちろん負けることもあるのですが、友人も同じ金額だけ負けているので奇妙な共闘感が生まれて、勝てなかった日でも一緒にご飯を美味しく食べれたりしています。

6,ノリ打ちに向いている人とは!?

(楽しければ良いよね!)ぐらいの軽い気持ちで、雑談しながら打っているからこそノリ打ちを楽しめていると思います。

(絶対勝つ、負けたらゴミだ!!)なんて考えの人がいたら、リスクとリターンが減るノリ打ちは厳しいです。

また、ノリ打ちでスロットを打つ場合には、「子役をできるだけ取りこぼさない」や「押し順ミスをしないよう注意する」ぐらいは最低限のマナーです。

6,おわりに

友人とホールに行くときはノリ打ちをするようになって、素直にパチンコ・パチスロが楽しいです!

対戦ゲー(ストリートファイターなど)より、協力ゲー(モンハンなど)の方が一緒にやっていて面白いんですよ!

『ノリ打ち』でパチンコ・パチスロとの良い付き合い方が見つかるかも!?