ギャンブル依存で作った借金を返済する方法【4選】・・カードローン他

依存症で作ってしまった借金はどのように返済すれば良いのでしょうか。
どういった選択肢があるのでしょうか。今回は、借金の返済方法を主に紹介していきます。

借金問題の早期解決は依存症の治療にも影響する

syuujin_men

パチスロ、競馬、オートレース、カジノ・・・世の中にはギャンブルが溢れています。
お金を借りまくってするギャンブルは溢れていますが、所詮はギャンブル。
無限にお金がない限り、いつかは資金は底をついてしまいます。
それなのに、資金が底をついたとき、借金が返済できなくなったときの対処法はあまりにも少ないのです。
ギャンブル依存症は病気です。
依存症を抱えているだけでも大変なのに、借金まで膨れあがったら明日の生活まで危ない不安な日々になってしまいますよね。
当サイトでもパチンコと借金の密接な関係は何度も特集しています。(⇒パチンコと借金
やはり解決するのは早いほうが良いですよね。借金は早く解決させて、依存症の治療に専念できる環境を作りましょう。
借金問題を出来るかぎり早く解決することができれば、依存症の治療にも専念することができます。
しっかりと依存症を治すため、そして悪化させないためにまずは借金を返済に目を向けてみましょう。
その時にいままでどんどんギャンブルにつぎ込んでいたお金のありがたみがわかれば尚良いですね。

ギャンブルによる借金をしっかり返済していく方法

denkyuu

それでは本題です。
ギャンブルによる借金はどのような解決方法があるのでしょうか。
師玉の4選を紹介していきます。

解決方法① カードローンで借りる

ギャンブル依存症とお金は切っても切れない関係です。
そして、お金の切れ目は人間関係の切れ目だったりします。
いままでお金が原因でギクシャク、信用関係が崩れてしまった経験をされている方も多いでしょう。
それらは家族・友人・恋人、親密な仲だからこそ壊れてしまうのです。
ですので、最初からそういった関係にはお金を絡ませてはいけないのかもしれません。
はじめからカードローンやキャッシングなど、お金を貸すプロに借りればよかったのではないかと思うのです。
そのために、まず解決方法一つ目として「貸金業者から借りる」という項目を挙げています。
大切な人も自分自身も傷つけないための予防線を張れるとしたらここではないでしょうか。
最悪な事態を避けるために、あえて専門業者に借りるという選択をするのであれば、人として立派だと思います。

解決方法② 複数の借金をおまとめローン(一本化)

これはすでに複数の業者から借入をしている方のための手段です。
債務がMAXに近くなると、債務整理しか手段が残っていないと思われがちですが、「おまとめローン」という借金を一本化する方法によって金利が下げることができたり、返済が楽になるなどのメリットがあります。
多重債務に陥ったときにまず検討するのはおまとめローンを利用することでどのくらい金利が下がるかを調べることです。
債務整理のように信用情報に数年間残るいわゆるブラックリストというニュアンスよりかは前向きにとらえられます。
もちろん、ローンなので信用情報に記載されますが、返済をしっかり行っていれば逆に高評価になります。
これによって借金返済に集中することができ、金利を下げることができることが一本化の最大のメリットです。
「もうどうしようもないから自己破産だ!!」とやけになってしまう前に、一度完済に向けて借金をまとめてコツコツ返していく方法がありますよ。

解決方法③ 債務整理を検討してみる

ここでようやく債務整理です。債務整理を大きくわけると5種類あり、有名な「自己破産」、資産を持ちながら利息をカットできる「任意整理」(ギャンブルに悩む方の一番人気です)、手間や時間がかかってしまうがちだが住宅ローンを残すことができる「個人再生」、手続きが少し難しいが返済額の調整ができる「特定調停」、グレーゾーン金利の返還を求める「過払い金請求」となっています。
それぞれの債務整理に特徴があり、利用者によって目的や手段などを掛け合わせて選択することができます。
いずれもメリット・デメリットをしっかりと理解し、後悔のないようにすることが大切です。

人生に絶望していた依存症患者が債務整理を知って、前向きに生きていけるようになることも多いのが現状。
借金の解決方法は情報を集めてしっかり対処することが大切です。
もうどうしたらいいかわからない!という方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

詳しく紹介しているところをみてみる!⇒もう借金しないために「債務整理」

解決方法④ 副業をする

借金の解決方法をこれまで3つ紹介してきましたが、少しテイストを変えて「副業」はいかがでしょうか。
いまでは気軽に物を売ることができたり、短期間だけ働くことができたり、片手間でできることが多くあります。
目を向けていなかったけれど探してみたら出来そうな仕事があったり、やりたかったことを経験できたり、その種類は多種多様にあります。
あなたの趣味、ハマっていること、得意なところ、世の中の役に立ててお金を稼げる「副業」を検討してみてください。

コレも読んでみて!⇒パチンコをやめて趣味をみつけよう

最後に

依存症に陥っている方は多くの方が借金問題に悩んでいます。
借金しているのはほぼ100%でしょう。⇒どれぐらいの確率で借りているのか
そんな悩みを抱えたままでは依存症が悪化するだけで、回復を遅らせてしまいます。
借金依存症を併発する前に対処してくださいね。
また、ここで紹介した点は主に自覚症状がある方に向けています。
あなたは大丈夫ですか?もう一度自分の胸に手を当てて考えてみましょう。