さまざまな事件の裏に隠れた『パチンコ依存症借金地獄の闇』

パチンコ依存症はその人自身も、そしてその家族も、さらに酷いと他人まで巻き込み最悪の状況に引きずりおろします。
今回はそういった事件を掘り下げていくとともに、事件の裏にパチンコが絡んでいた実際の事件を主に紹介していきます。
パチンコ依存症患者はなぜ事件を引き起こしやすいか?そして、依存症者の末路とは、「事件」の周囲を取り巻くものに着目してみました。
ぜひ最後までご一読ください。

 

パチンコ依存が関わった事件

こちら(⇒パチンコ依存症患者→犯罪者~なにを選択するのか~)でも紹介しましたが、依存症になっている人は多くの事件に関わっています。
時にはパチンコ店の駐車場、ときにはパチンコ店内、そしてときには全く関係のない場所で事件を起こしてしまった人もいます。
そういった事件を耳にする度に、心苦しい気持ちになります。そして、その事件に巻き込まれた方のことを思うと、どこにもぶつけることが出来ない怒りと憤りを感じずにはいられません。
一見パチンコと無関係のようにみえて、実は関係していた実際に起きた事件を3選紹介します。

実例① 「新幹線焼身自殺」事件はパチンコ依存症者が起こした事件だった!

sinkansen※写真は事件とは関係ありません。

記憶に新しい新幹線での「焼身自殺テロ」

2015年6月30日に起こった世間を震撼させた新幹線での事件。新横浜~小田原間を走行していた東海道新幹線「のぞみ225号」の先頭車両で71歳の男が焼身自殺をする事件が発生しました。
メディアでも大きく取り上げられたので記憶に新しい事件ですよね。これが事件として大きく取り上げられたのには、他人に迷惑がかかったことによるものです。

男が事件を起こしたのは車両の最前でした。ガソリンを被ってライターに自ら火を付け自殺をしました。その結果、車両の天井が焼け落ちてしまうほどの火災に発展。火災が起きた1両車だけではなく2号車まで煙が充満し、乗客は煙の来ないところまで逃げましたが、一人の52歳の女性が巻き込まれてしまいました。その女性は気道熱傷による窒息によって命を落としてしまいました。さらに乗客26名、乗務員2名の計28名が煙を吸い込むなどで重軽傷を負いました。

新幹線という密閉空間による焼身自殺。それによって無関係な乗客の命が奪われてしまいました。場合によっては多数の命を失いかねない「自殺テロ」だといえるでしょう。
その動機とは?誰しもが考えたと思います。しかし動機まで知っている人は少ないのではないでしょうか。実は、その背景に「借金」の存在があったようです。周囲の人たちは口々にパチンコによる借金が原因だと言っているようです。

パチンコによる借金で自暴自棄になったことが動機

焼死し事件を起こした張本人である男は岩手出身で、そこに住んでいる男の姉は「自殺の原因は借金だろう」と話しているのをメディアによる取材で語っています。男は約10年前から複数の消費者金融などから借金をしており、返済ができずに苦しんでいたようです。

そして、その借金の主な原因となっていたのがギャンブルによるものだったようです。特にパチンコが大好きで、勝ったときには通っていた中華料理屋で店員にお酒を奢ったりチップを渡したりすることもあったようです。
しかし、パチンコにハマっているから生活に余裕があるというわけではなく、生活自体は厳しいもののようです。事件の1年ほど前に空き缶回収業としており、収入は雀の涙ほどだったのです。「年金」に頼って生活する傍ら、その年金が少ないと周囲に愚痴をこぼし、区役所の年金担当職員に「自殺してやる」と脅したこともあるなど、その行動は異常なものだったようです。

年金12万円、さらにパチンコ依存症・・・

男は家賃4万円の風呂なしアパートに住んでいましたが、大家さんに「家賃が高すぎる」と訴え1000円下げてもらうなど、生活状況が厳しかったのです。年金は12万円受給していましたが、これでは生活はギリギリでしょう。それだけではなく、ギャンブルなどに手を出していたので足りなくなるのは簡単に想像できますよね。ただでさえ厳しい生活から、ギャンブルをするために消費者金融などから借金をしていたようです。またそれも、一つの業者から借りては別の業者の返済に充てるという自転車操業。火の車になるのは目に見えています。

ギャンブル以外にも生活が苦しいものだったのには同情すべき点はありますが、大きな原因としてパチンコ依存症になったことによる自暴自棄が挙げられることから、パチンコはその人自身の人生を狂わせ、見ず知らずの他人にも影響を及ぼしてしまうことが怖さといえるでしょう。
この事件で露呈したのはパチンコ依存症の怖さはもちろん、人をどんな行動に走らせるかわからない得たいの知れない恐怖があります。
もちろん他人を巻き込むその身勝手さは許してはなりません。焼身自殺テロという悲惨な事件を起こし、関係のない人を巻き込む事件を起こしてしまったことは許すべきではないでしょう。
しかし、パチンコ中毒、生活環境やあまりに低い年金、借金地獄・・・など、同情してしまう点もあります。これは加害者であり被害者であるといった両面を見せる事件となりました。

 

実例② 悲しい結末を迎えた一家心中事件・・・その裏にはパチンコによる負けがあった

kuruma※写真とは関係ありません。

親子3人が無理心中・・・10代の子供2人も巻き添えに

2013年1月、神奈川県清川村の宮ケ瀬ダム近くの県道脇で、埼玉県上尾市に住む親子3人が死亡しているのが発見されたものです。
路上に止められていた乗用車の後部座席には中学1年の男子生徒(13)が、さらに20メートルほど離れた近くの橋で首を吊っているトラック運転手の父親(45)と定時制高校に通う姉(19)の遺体が発見されました。
男子生徒の死因はロープで首を絞められたことによる窒息死でしたが、争ったあとなどがなく、父親と姉ともに目立った外傷がないことなどから、家族で無理心中という結論に達したようです。
息子も娘も若く10代だったこともあり、「なぜ一家心中なんて・・・」と悲しみと疑問の声が多くの人の心に残ったものでした。

動機はパチンコ。一発逆転できずに・・・

原因はなんだったのかと不思議がられましたが、動機は父親の母によって明らかになりました。遺体発見の2日前に「息子が『パチンコに負けた。自殺するしかない。』と家を出て行った」と警察署に届けていたのです。
家を出てから1週間ほどさまよったのちに、一家心中を選んだと見られています。その最悪の決断にはパチンコが関わっていたことは確かなようです。

父親がパチンコ依存症だったようで、一発逆転を狙っていたようですが、それが脆く崩れたあとにどうするかの決断が悔やまれます。
もともと精神的に不安定だったのも関係していたとは思いますが、ギャンブル依存症の怖さは悲惨な選択をしてしまうことも挙げられます。
一発逆転できずに、「もう何もかもダメだ・・・」と思い切った決断をしてしまうようです。まだ45歳と若く、10代の子供たちはこれから!というときに・・・いくらでもやり直しがきく年齢なのに冷静に判断できず自暴自棄になってしまうのがパチンコの怖さといえるかもしれません。

 

実例③ パチンコ店のトイレで首つり自殺

toilet※写真はイメージです。

パチンコ店を恨んであえてトイレで自殺

2011年、年末の12月28日の夜、茨城県土浦市のパチンコ店のトイレで50~70代の男性の遺体が発見されました。男性はトイレの個室のドアに針金をかけて首を吊って自殺をしており、閉店前の見回りをしていた従業員が発見し通報。しかし搬送先の病院で死亡が確認されました。遺体発見時の状況から自殺と判断されました。

警察の発表によると、店内に設置されていた防犯カメラに男性が一人で来店しそのままトイレに直行しているのが映っており、男性ははじめからパチンコ店で自殺する気で来店したことが考えられます。
パチンコ店との因果関係はハッキリしていませんが、地元の人々は「店の常連だったらしい」や「かなり負け込んでいるようだった」「あの店でよく見かける人だった」といった声が多く寄せられています。
断言はできないものの、パチンコ店を恨んでの行動だった可能性は高いと思われます。

全国でも多いパチンコ店での自殺

こういった自殺は多く、氷山の一角に過ぎないようです。各地のパチンコ店では「店の入り口で首つり」「トイレでの自殺」「駐車場で練炭自殺」など数多くの噂があります。
パチンコやスロットによって破滅した人がその最後の死に場所として恨みを込めてパチンコ店を選ぶというのが多いようです。
都市伝説と言ってしまえばそれまでですが、ニュースになっていないだけでパチンコが原因による自殺は想像以上に多いと考えられます。
「パチンコによる借金があった」「経済的に厳しい状況だった」などには触れないため、パチンコが大きな原因になっていると思われることが情報として得られないためです。

 

パチンコによる事件・自殺が知られないことに憤り

いかがでしたか?
大きく取り上げられた事件ですら、借金の存在やパチンコ依存症だった背景などは大きくは取り上げません。
しかし、自発的に「パチンコ依存症 事件」と調べると多くの事件とパチンコが関係していたことがわかります。
パチンコが人生を狂わす原因になりうることを多くの人に知っていただきたいと思います。
また、パチンコ店による自殺も都市伝説ではないでしょう。自殺する人は心が弱って楽になりたいと命を絶つか、その原因となった対象に対して恨みを抱きながら死んでいくかどちらかのパターンが多いといわれています。
パチンコ依存症の場合はパチンコ店に恨みを抱いており、見せつけるためにパチンコ店内やトイレ、駐車場を最後の場所に選ぶ人が多いです。その一定数はパチンコ店がある以上あまり変わりはないでしょう。

私自身、パチンコ店のトイレで女性が自殺した場面に遭遇した友人がいたのですが、その異常な光景にはドン引きしていましたよ。
店内がもともとザワザワしているので悲鳴などは目立たないのですが、スタッフや客が慌ただしくトイレを出入りしていてその周辺が明らかに様子が違うのはわかったそうです。
女性トイレなので入れなかったようですが、目撃者によると「一面血だらけだった」と言います。しかし、その様子を察してもずっとパチンコを打ち続けている様子はまさに異常だったようで、「パチ中ヤベェ・・・」と我に返ったといいます。
それが直接の原因になっているかどうかはわかりませんが、少ししてからパチンコは卒業したと聞きました。
思えばパチンコでは、そのような人間の本性なんかを目にすることが多かったですね。人間の冷たさというか、欲望というか、いつも絶望と欲望の間で無表情でパチンコを打っている人が時に怖く思えます。

話が逸れてしまいましたね。話を事件の話に戻しましょう。こういった実例からもわかるように、事件が起きてからでは遅いのです。そういったトラブルが起きやすい場所に行くということは非常にリスキーです。
パチンコ店には多くの危険が潜んでいるのです。依存症になる可能性、借金を抱えて自己破産する可能性、誰かが自殺している可能性(それが自分かもしれません・・)、うつ病を発症する可能性、大きな事件を起こす可能性・・・
上記のような事件を起こした彼らは、パチンコに通う前はそんなことを考えたことがあったでしょうか?
おそらく思っていないでしょう。それがパチンコ依存症の怖さであり、誰が犯罪者になるかわからない負の可能性の広がりです。
こんな可能性が多くあることを知っても、あなたはパチンコがしたいと思いますか?